読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「集団的自衛権は自国が攻撃を受けていなくても、他国同士の戦争に参加し、一方の国を...」


集団的自衛権>81年見解を変更 戦後安保の大転換
毎日新聞 7月1日(火)21時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00000144-mai-pol
 政府は1日、臨時閣議を開き、憲法9条の解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認すると決めた。集団的自衛権は自国が攻撃を受けていなくても、他国同士の戦争に参加し、一方の国を防衛する権利。政府は1981年の政府答弁書の「憲法上許されない」との見解を堅持してきたが、安全保障環境の変化を理由に容認に踏み切った。自国防衛以外の目的で武力行使が可能となり、戦後日本の安保政策は大きく転換する。
~後略~