読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【米国の正体】ユダ金ユダ米がイラクへ戦闘機の納入遅滞で、イラク政府はロシアとベラルーシから購入


2014-06-14 23:45:43
イラクで、過激派組織が首都バグダッドに侵攻を図り、政権側と戦闘が続く。
http://ameblo.jp/uhauhaoasd1/entry-11878136671.html
2014-06-15 18:11:55
ブラッドリー・マニング上等兵は、声明を発表し、マスコミを厳しく管理して...
http://ameblo.jp/uhauhaoasd1/entry-11878528257.html


の続報です。


イラクの内戦状態はユダ金ユダ米によるイラクに対する策動・作戦につき、イラクへのアメリカによる戦闘機の納入が遅れている要因は、これを成功させようとしているユダ金の目的にあるのではないか。つまり、仝“策動・作戦”で、イラクの国の秩序・体制が瓦解すること又は分裂することを待っている、というか、その作業を取り組んでいるわけだからということが挙げられます。

イラク:ロシアとベラルーシから中古戦闘機購入-米の納入遅滞
Bloomberg 6月27日(金)7時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140627-00000120-bloom_st-bus_all
 6月26日(ブルームバーグ):イラクのマリキ首相は、米国からのF16戦闘機納入の遅れで部隊は空からの支援のない状態にあるとして、ロシアとベラルーシから中古の戦闘機を購入したことを明らかにした。
マリキ首相はBBCアラビックとのインタビューで米国が36機の引き渡しを先送りし続けていると批判。「米国のジェット機を購入すべきではなかった。空から支援するために英国やフランス、ロシアのジェット機を買うべきだった。空からの支援があれば、このようなことは起きていなかっただろう」と語った。BBCがインタビューの抜粋を電子メールで配布した。

~後略~


上の内容を読んでいて思わず笑ってしまうくらい、米国の正体がこの事象でもあらわになっています。


イラク空軍、米機の納入遅れ ロシアから攻撃機購入(14/06/30)
http://www.youtube.com/watch?v=-SWNwj3GWFU