読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今の農業の正体  やはりロスチャ・ロックからなる悪魔崇拝団が施行していた  化学肥料 - 農薬


ジェイ・パーカーインタビュー②
https://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4&list=PL0IyBFNQ3Euj3OjfraQyoTa5qKSnOEKWQ&index=2

4:58~7:31 

 

これです。

2013-08-19 12:20:09
化学肥料 糞堆肥 窒素分 病原菌と害虫の寄せつけ 農薬, 植物性堆肥 実はむかしの農法 味 栄養
http://ameblo.jp/uhauhaoasd1/entry-11595244618.html

 

化学肥料(備考:肥料の三要素…窒素、リン酸、カリウム)を与えることで育った作物は色付きがよいと共に肥大成長し強そうに見えるが、栄養価が低く、害虫対策・病原菌対策の農薬投下が必須になる。加えて、それによる窒素分が多い土地は化学肥料を辞めたとてすぐには自然な状態には戻らない。


そしてこれは、動画の通りロスチャイルド・ロックフェラーからなる悪魔崇拝団が施行したことであること。

ということで、人々が食卓やお店で口にする作物は、見た目はよいが、栄養価が低く、農薬を持っているわけであります。


 


 

この番組中、妨害を受けており、その中で放送を続行しています。