読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「プーチン大統領、「西側の対露制裁はWTO原則に反す」」

 

大統領は、西側の制裁に対するロシアからの報復措置は、西側のパートナーへの懲罰でも、以前に西側が採った決定に影響を与えようとするものでもないと語った上で、「報復措置をとる際にはロシアは何よりもまず、自国の利益、発展課題、自国の商品生産、自国の市場を良心的ではない競争から守ることを考える」と強調した。
   大統領はさらに、対露制裁の発動は経済活動の参加者の商品サービス市場へのアクセス条件および公平かつ自由な競争原則を平等に保つというような、世界輸出機構(WTO)の基本原則を拒むことだと指摘した。


プーチン大統領、「西側の対露制裁はWTO原則に反す」
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_09_19/277501046/