読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「リベンジポルノ防止法が成立」この類で今後、リベンジポルノに限らない動きを見せないか、目を...


  ユダ金にとって都合の悪い、じゃまな情報を消せることに到ることができるように、ユダ金は上り板を掛けようとしていることは当然にあります。この類で今後、リベンジポルノに限らない動きを見せないか、目を光らせ、警戒する必要があります。
 

 

リベンジポルノ防止法が成立
時事通信 11月19日(水)10時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00000045-jij-pol
 元交際相手らの性的な写真や動画をネット上に掲載する「リベンジポルノ」への罰則を盛り込んだ被害防止法が、19日午前の参院本会議で可決、成立した。画像を拡散させた場合に、3年以下の懲役刑を科す。
  同法は、第三者が撮影対象者を特定できる方法で性的画像を不特定多数に提供するなどの行為を「公表罪」と規定。3年以下の懲役または50万円以下の罰金に科すとした。
  
また、ネット上の画像削除の手続きも迅速化。現行のプロバイダー責任制限法で、プロバイダーが発信者に削除への同意を照会した後、7日経過しても不同意の連絡がない場合に削除できるとする規定に特例を設け、照会期間を2日に短縮した。 

2014-03-01 03:58:26
リベンジポルノの他に対して適用されたり、後に適用を広げられることが警戒されなければいけません。
http://ameblo.jp/uhauhaoasd1/entry-11784397342.html
より
「リベンジポルノ」に対する法整備について取材しました。
フジテレビ系(FNN) 2月27日(木)13時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140227-00000850-fnn-pol

 

「現在の法律では、名誉毀損罪や、わいせつ物頒布罪、児童ポルノ禁止法などが適用される。」


自民党は27日午後、リベンジポルノ問題に関する特命委員会の初会合を行い、法整備の検討を開始する。
その事務局長が、三原議員。
 現在の法律では、投稿された画像の削除の要請を受けると、プロバイダーやサイト管理者は、権利侵害が明らかな場合を除き、まず、投稿者に削除の同意を求める。
そして、7日経過しても返答がなければ、削除しても責任が問われない。
この7日間を短くする法改正が検討される見通しとなっている。
 「7日間あったら、どれだけの人の目に触れるか。被害者の方の声を聴くということから、わたしは始めるべきなのではないかなと」と話した。」

 
これは、リベンジポルノに限ってですよね?


リベンジポルノの他に対して、適用されたり、後に適用を広げられることが警戒される必要があります。