読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会の問題の一端が表沙汰になった「ユニクロの敗訴確定=「過酷労働」記事めぐり―最高裁」

 

過酷労働を強いられる従業員。周囲でそんな情景はもう茶飯事です。社会全体を変える必要があります。変えられるさ。変えられる。変えなければならない。

また、長時間労働によりそのようなことを考える余裕がない人も多いでしょう。

人々の意識がどんどん変革していくことを望みます。 

ユニクロの敗訴確定=「過酷労働」記事めぐり―最高裁
時事通信 12月10日(水)18時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000113-jij-soci
 カジュアル衣料品店「ユニクロ」の店長らは過酷な労働環境にあると本で書かれ名誉を傷つけられたとして、同社側が発行元の文芸春秋に出版差し止めや損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は9日付で、ユニクロ側の上告を受理しない決定をした。「重要部分は真実と認められる」などとして訴えを退けた一、二審判決が確定した。
  一、二審判決によると、問題となったのは2011年出版の「ユニクロ帝国の光と影」など。ユニクロの店長について、サービス残業で労働時間は月300時間を超え、会社側も黙認していると指摘した。