読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国公文書館の機密文書解除で、鈴木首相が鄧小平氏と尖閣問題の棚上げを確認していたことの記録...


 英国公文書館の機密文書解除で、鈴木首相が鄧小平氏尖閣問題の棚上げを確認していたことの記録が明らに。

世に、事実の正しい認識を広めましょう。拡散求めます。湯墮菌が仕掛けようとしている戦争勃発をなくし、日中、如いては世界の新しい時代を切り開くために。

尖閣諸島「現状維持で合意」 82年に鈴木首相が発言
朝日新聞デジタル  2015年1月1日18時31分
http://www.asahi.com/articles/ASGD06JQ4GD0UHBI00W.html 
 沖縄県尖閣諸島の領有権をめぐり、1982年に鈴木善幸首相(当時)が、来日したサッチャー英首相(同)との首脳会談で、中国との間で問題を実質的に棚上げしている、という趣旨の説明をしていたことがわかった。両首脳のやりとりを記録した文書を、英公文書館が12月30日付で機密解除した。
 日英首脳会談は82年9月20日に首相官邸で行われた。文書によると、鈴木氏は尖閣問題について、「(中国の鄧小平氏と会談した際に、日中)両国政府は大きな共通利益に基づいて協力し、細部の違いは脇に置くべきだとの結論に容易に達した」と説明。「具体的に問題化することなしに現状維持で合意し、問題は実質的に棚上げされた」と語ったという。
 鄧氏の態度について鈴木氏は、「極めて協力的で、尖閣の将来は後世の決定にゆだねることができると述べた」と話し、「それ以来、中国が尖閣諸島に言及することはなくなった」と説明した。
  
 ログインして続きを読む無料登録して続きを読む  
残り:374文字/本文:766文字

登録手続きがカンタンになりました。

無料会員は1日3本まで、有料会員は何本でもお読みいただけます。


尖閣問題>中国外交部、過去の「日中合意」認める―中国メディア
Record China 1月1日(木)12時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00000014-rcdc-cn
2014年12月31日、中国新聞(電子版)によると、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は同日の定例記者会見で、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権問題について「日中の指導者はかつて共通認識に達した過去がある。中国は日本に対し、歴史を直視し、事実を尊重し、適切な対処と解決を目指すよう期待する」と述べた。
公文書館が30日公開した機密文書によると、1982年9月、日本の鈴木善幸首相(当時)と英国のサッチャー首相(同)が会談。尖閣諸島の領有権について、日中が「現状維持で合意した」ことを確認したという。
華報道官はこれについて「中国は(合意したとの)報道に注目している。領有権問題における中国の立場は明確だ。国交正常化の実現、平和友好条約の締結に際し、日中両国の指導者が大局的立場に基づき、重要な覚書と共通認識に達したことは事実だ」と述べた。(翻訳・編集/AA)