読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集..行使 機雷掃海;米国およびNATOによるイラン侵攻の戦争を日本も一緒になってすることを意味

 

2014-06-12 22:06:45
イランを爆撃しようと会見中に口遊んだマケインが、日本の米国との集団的自衛権行使の容認をとなえる
http://ameblo.jp/uhauhaoasd1/entry-11876927082.html


の続報です。

 

ABEが言う「積極的平和主義」=日本に戦争をさせる主義

 
エネルギー/中東安定化/積極平和主義→「機雷掃海」譲れぬ首相
産経新聞 6月18日(水)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140618-00000094-san-pol
 
より
 海自掃海艇部隊は装備や技術面で米軍や英軍に匹敵するとされるが、日本が集団的自衛権を行使しない現状では、機雷除去は戦闘行為停止後の「遺棄機雷」の除去に限定されている。
 政府関係者は「国際的に海自の活動要請があるにもかかわらず、集団的自衛権の行使が認められないため、その要請に応えられないでいる」と指摘しており、首相が掲げる「積極的平和主義」にも逆行する。


つまり、米国およびNATOによるイラン侵攻の戦争を日本も一緒になってすることを前提としていることを意味しているじゃないか!戦争を前提としているんだこれ。