読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ユダ金製集団安全保障 = ユダ金が形成と駆使を目論む集団侵略システム」日本をこれにと企むユダ金

 

  
 
  

  ロックフェラー - マイケル・緑のバカが、集団安保と言い紛らわした「自分たちが支配する国々を武器にしてターゲットの国を軍事で圧迫、打倒する為のシステム」に日本を組み込ませる為、ABEらに命令して急かしてみたら、集団的自衛権の行使容認を企てる狂い話に上乗せとなり、更に油を注いだ非難轟轟。集団安保は、まさにロシアや中国といった、米国だけでは武力で勝てるかわからない国に対する、世界的軍事集団を形成しようという目論見です。これも、各国の国民、大衆を利用してのことではありませんか。今まさに、日本はその渦中にいます。


集団安保の武力行使、自民が結論先送りへ
産経新聞 6月21日(土)21時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140621-00000580-san-pol
 政府・自民党は21日、国連が侵略国などへの制裁として対応する「集団安全保障」措置に基づく武力行使容認について結論を先送りする方向で調整に入った。公明党の反発に配慮した。自民党石破茂幹事長は同日の読売テレビ番組で集団安保での武力行使について「今後そのようなことは一切致しませんということで議論が終われば国際社会から浮いてしまう」と指摘、協議を継続する考えを示した。