読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「経済提携=安全保障」の要素 対露制裁にかかっても煌く

 

米ビジネス界からオバマ大統領へ:クレムリンとの個人的関係は必要ありません。ビジネスに戻ってください
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/2014_06_26/273973806/


対露制裁に於いて、まず、イギリスを筆頭に欧州が米国とは比較的に消極的であること。そして遂に米国でも、ビジネス界から大きな反対の声が上がった。まさに、ユダ金の恣意的で野蛮な野望に付き合っていられない状況の人たちが、声を上げているのではないでしょうか。


米国が主導する対露制裁に消極的であることに一つは経済面の要素が深く絡んでいることが、日本もそうですよね。


いつか、このブログで「経済提携=安全保障」というテーマを得てブログ記事を掲載させていただきましたが、もっとも、この要素だけではありませんが、同質のものについて、今後の世界情勢を見る上で何か煌びやかなものを感じる所存であります。

 

日本もよく現状を把握し、今後の思想、方向性、そして行動と現実化を手繰っていくことが、将来を築いていくものと考えます。


2011-07-07 23:55:30
ロシアと経済提携を進めよう。「経済協力=安全保障」。ロシアは日本に目を向けている。
http://ameblo.jp/uhauhaoasd1/entry-10946671305.html

2014-05-15 23:06:57
習主席「民間外交は新しいものを開拓し、多くの分野やレベルで友好交流を展開する必要がある」
http://ameblo.jp/uhauhaoasd1/entry-11851160735.html



http://ameblo.jp/uhauhaoasd1/entry-11789790606.html