読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユダ金の、日本国に於ける「夜遊び横行」「薬物蔓延」の目論見


 不正選挙でABE偽政権を作ったユダ金の世界と日本で仕掛けて来たこれまでの所業や戦略を見て来て、当然に日本の特に若年層の夜遊び横行、並びに薬物を手にさせ蔓延させることを狙っていることが想定できます。すなわちそれは、「日本国の頽廃」と「薬物売却収入」と「薬物依存者を自分たちの為に活用すること」の一石二鳥でも三鳥でも狙っていることです。


クラブの深夜営業認可、提言へ 規制改革会議が意見書
朝日新聞 2014年5月10日11時23分
http://www.asahi.com/articles/ASG597VDPG59ULFA04K.html
 安倍政権の規制改革会議(議長=岡素之・住友商事相談役)は、客がダンスに興じるクラブの規制緩和を求める意見書をまとめた。午前0時以降の深夜営業を認め、24時間営業を可能にすることが柱。12日の同会議で決定し、警察庁に風俗営業法の改正を提案する。

 意見書では、現在立ち入りが禁止されている18歳未満について午後10時までは入れるようにするほか、立地についても原則自由とし、学校や図書館の周辺での建設を認めることを求める。さらに、現在の許可制から届け出制に変更し、開業しやすくする。

 意見書はまた、「ダンスが広く国民生活に浸透している現在、規制が国民の意識から乖離(かいり)している」と指摘。2020年開催予定の東京五輪を念頭に「ダンス文化を活用した魅力ある街づくりを進め、海外観光客を呼び込む」と掲げる。

 ダンス営業をめぐっては、無許可でクラブを営業したとして風営法違反の罪に問われた元経営者に対し、大阪地裁が4月、無罪判決を言い渡している。


「クラブ」来場者4人に1人、危険ドラッグ経験
読売新聞 8月9日(土)11時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140809-00050016-yom-soci