読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬総統 「「2つの中国」や、「1つの中国、1つの台湾」、「台湾独立」の政策を推進することはない」


台湾について、その歴史的過程からの事情も少なからず存じているつもりです。


台湾人のアイデンティティーや国内、それと、西洋というかユダ金の戦略が吹き付ける騙し文句としての民主主義という言葉の圧力を考えると、馬英九総統は多角度ラインを考えた上での発言かもしれません。表立った人はたいへんです。


一方で馬総統は、中華民国政府は憲法上受け入れられない「2つの中国」や「1つの中国、1つの台湾」、「台湾独立」の政策を推進することはないと強調した。


台湾は中華民国であり、中国は中華人民共和国であり、国称からしてダブっているわけですね。もっとも、近現代に於ける歴史は、ユダ金の征服侵略作戦あってのことが学ぶにつれてわかるわけで、それなしに情勢判断に奔っていては彼らの作戦の範疇の中で泳いでいることになりかねません。

なにか、侵略者ユダ金抜きの当事者自ら達による、世界観・世界感の創築、実践と実際、現実化をはかっていくことが、この難題を打開する上で一つの有効事項かもしれません。


香港のデモを支持する代償として中国大陸との関係を犠牲にすることはないとしながらも、大陸側に対して香港での民主主義の実現や大陸自体の民主化を促す発言を行った。

 
それにしても、ユダ金が戦略で吹き付ける騙し文句、偽りとしての民主主義という言葉の圧力は、よく考えられたものです。

馬英九総統は、多角度ラインのバランスをとった上での発言をしているのかもしれません。

馬総統、香港デモ支持も「中国大陸重視」強調/台湾
中央社フォーカス台湾 11月1日(土)15時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00000004-ftaiwan-cn